着物の染み抜き 染色補正 しみぬきお見積り 着物クリーニング・染み抜き専門店「着物クリーニングデリ洗匠工房」
相談室
電話番号
【送付先】
〒262-0042
千葉県千葉市花見川区
花島町496−1
着物クリーニングデリ
洗匠工房 あて
よくある質問

楽天

全国対応
北海道・青森・岩手・宮城・秋田・山形・福島・東京・神奈川・埼玉・千葉・茨城・栃木・群馬・山梨・新潟・長野・富山・石川・福井・愛知・岐阜・静岡・三重・大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良・和歌山・鳥取・島根・岡山・広島・山口・徳島・香川・愛媛・高知・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄

お客様の声

業者用

新着情報

 
1箇所540円からの着物の染み抜きサービス  
 
  • 1 着物 染み抜き しみぬき お見積り

    着物 染み抜き しみぬき お見積り

    1円

    着物のしみの状態を確認し、染み抜き料金のお見積りをご連絡します。 新しいしみ、しみの色が生地に定着していない場合は、500円玉大で500円前後。古いしみ、しみの色が生地に定着している場合は、500円玉大で1500〜2000円前後です。 古いしみの料金には、生地...


  •   「しばらく、箪笥にしまいっぱなしにしておいたら・・・水滴が肩に染みちゃった・・・」

着物を大切に着用されていても知らず知らずのうちに、 着物に染みがついてしまうことがあります。

着物に染みがついても、
「着物の染み抜きは高いからちょっと・・・」 と染み抜きについて費用面でご不安な方も多く、
「いつ着るかわからないからとりあえずはそのままでにしておこう…」と
着物の染みを放置してしまうことがあります。
 

しかし、汚れを放置すると染みが落としにくくなるため、
後日、染み抜きを依頼する際には、しみが新しいうちよりも、お金をかけて染み抜きが必要になります。
また染みを抜くための時間がかかり、着物にかかる負担が大きくなるなど、
着物の染みを放置すると損なことが多いのです。
小さな染みでも、早めに染み抜きした方が長い目で見るとお得です。
 

洗匠工房の染み抜き技術について


洗匠工房では、古いしみ、変色などの修正も承っています。

他店様でお断りされた古いしみもお受けしています。
自社で染み抜きをおこなっていないお店ですと、染み抜きの詳しいことがわからずに受付ができなかったり、
落とすのが難しそうなしみはお断りされることもあるので、
残念ながら、落ちないと思いこんでいるお客様も多いようです。

手強いしみも、弱い作用でゆっくりおこなうと、生地に負担なく落とすことができます。
生地に負担がないように染み抜きをするからこそ、
きちんと落ちるまで染み抜きを続けることができるともいえるでしょう。
洗匠工房には、染色補正技能士が在籍し、変色の修正や模様の描きなおしも含めておこなってます。
 

洗匠工房の着物の染み抜きサービス

着物の染み抜きの料金について—————————————————————————————————

 

 約2.7cm洗匠工房の染み抜きは、染み抜きの大きさによって価格が異なります。
 
 左の【500円玉一枚のサイズ(2.7cm】を1箇所の目安とします。
 

 新しいしみ、しみの色が生地に定着していないしみは、1箇所550円

 500円玉サイズに収まる範囲(550円/個)×箇所数 で算出します。 
 

古いしみ、しみの色が生地に定着しているしみ、色の補正が必要な場合は、1箇所1,650〜2,200円

500円玉サイズに収まる範囲(1,650〜2,200円/個)× 箇所数で算出します。
 

※染み抜きのみでは受け付けておりません。クリーニング料金+染み抜きの料金となります。

———————————————————————————————————————————————
染み抜きの料金と工程の違い
 
・しみの汚れを取る(新しいしみ、しみの色が生地に定着していないしみは、1箇所550円)

・しみの色を取る → しみの色を取った部分を元の色柄に直す
(古いしみ、しみの色が生地に定着しているしみ、色の補正が必要な場合は、1箇所1,650〜2,200円)
 
———————————————————————————————————————————————
 

写真洗匠工房の染み抜きは、外注ではなく自社で行っておりますため、
ご予算やご要望に応じたご提案やお見積もりの相談ができます。
着物の染み抜きご希望される方は、まずは
こちらより1円でお見積り希望をご購入くださいませ。

お申し込み後、着物を当店にお送り頂けますようお願いいたします。
着物の到着後、染みを原因・大きさなどを確認し、
お見積りをご案内いたします。

着物の染み抜き・お手入れは安心してお任せできるお店を見つけると
着物ライフを一層楽しむことができるようになりますよ。
ぜひご気軽にご相談くださいませ。

「染み」について

「染みってどういうもの!?」→ こんなものが染みになります! クリーニングだけでは落ちません

  • ・ところどころに黄色っぽい点々が浮いてきた
  • ・両脇部分の汗のあと
  • ・衿汚れが黄色くなっている(時間が経って、衿汚れが変色している)
  • ・泥はね汚れが、すそに付いてしまった
  • ・かなり前に着たので、いつの何のしみか分からない
  • ・ボールペンのインクがついた
 

衿、袖口などの新しいご着用汚れ、少量のファンデーション、少量の食べ物などは、
染み抜き料金を頂くほどではなく、クリーニングで落ちることがほとんどです。
広範囲の食べこぼしなどは、お見積りとなる場合がございます。
汚れ、しみが古くなると、しみの色が生地に定着してしまうため、染み抜きが必要となります。
お見積りにて、染み抜きのご提案をいたします。
リサイクル着物、アンティーク着物、頂き物の着物のしみもご相談下さいませ。

 

着物の染みについてのご注意

着物の染みについてご注意して頂きたいことがございます。
 

・染みは触らないでください。(応急処置はしない)
  •  ・水をつけたり、拭いたり、擦ったりしないでください。生地に染みが浸透して、落としづらくなります。
  •  摩擦による痛みなどでその箇所だけ風合いが変化するなどの2次災害を引き起こす可能性もあります。
  •  ・部分洗いはしないでください。
     しみが広がって、大きくなってしまいます。
  •  洗剤やその洗剤が残った事により、黄ばみや変色を発生させる恐れがあります。
     
・染みがついたら放置しないでください。
 素早い処置!!これにつきます。汚れは時間が経つと落としづらくなります。
 染みを定着させるのは時間と熱が主要な原因です。染みがついたらすぐに私達におまかせください。
 
・汚れたまま、しまわないでください。
 染みがついたままの保管は、そのものが落ちにくくなるばかりではなく、変色、カビ、虫食いを誘発します。

 

なぜ着物の染み抜きの価格が高く、わかりづらいのか?

 じつは着物の染み抜きは、染み1つがいくらという基準では算定が難しいのです。

・原因が何なのか?
・時間の経過は?
・着物素材は何か?

 など複数の要因をしっかりと確認したうえで職人がひとつひとつその原因に合わせて 作業します。

原因・素材などによって、同じサイズの染みでもそれぞれ使用する溶剤、 手順が変わってきます。
着物の染み抜きを専門としてきた職人の長年の経験をもとに
染みひとつひとつに丁寧に作業をしていく必要があります。

そのため、染み抜きの料金はそのシミを落とすのに職人がかかる作業時間によって決まります。
同じサイズの染みでも料金が異なってくるのはそのためです。
 

当店では一度着物をお送り頂き、着物を実際に拝見して、染み抜きのお見積もりをお知らせします。
そのお見積りにお客様の了解が取れてから作業に入りますので、 
了解が取れないうちに作業が始まることはございません。

着物の染みをあきらめる前にご安心してご相談くださいませ。


 

 
 
 
 染み抜きお見積もり参考(例)
品物 状態 金額
 振袖  ボールペンで書いたあとが500円玉大で2箇所 \1,100
振袖 着物全体に白いカビが多数ある  \4,400
訪問着 両脇に汗の輪染み(各ソフトボール大)※着用後すぐのお手入れ  \2,200
訪問着 泥はねの飛沫が、後ろ身頃裾付近に点々と  \3,300
小紋 ソフトボール大の水染みが7箇所  \14,300
帯の胴前の柄中に直径5僂らいのしみ  \6,600
全体的に茶色っぽい染みがまばらに点々と  \11,000

※紋部分の染み抜き処理は承っておりません。ご了承下さい。

※着物裏地部分の染み抜きは、作業工程上、糸解きおよび再仕立てが必要になる場合があるため、
お断りさせていただくことがございます。ご了承下さい。

 

洗匠工房の着物染み抜きの流れ

まず、着物を当店にお送りくださいますようお願いいたします。
着物の到着後、染みを原因・大きさなどを確認し、 お見積りをご案内いたします。
 

染み抜きは着物を傷めないように一点一点丁寧に慎重に作業するため、 
クリーニングより1週間程度お時間を頂戴しております。
ほとんどのしみは通常納期で納品できますが、しみが多いもの、色が濃い、固いなどのしみの状況により、
1カ月以上のお時間を頂く場合もございます。
古いしみや固いしみも、落とすことを前提にお預かりしておりますので、
しみの種類により時間が必要な場合がありますことをご理解下さいますようお願いいたします。

ご着用の予定がお決まりの着物は、出来る限り間に合うように調整いたしますが、
時間がないために、無理な染み抜きをすることは着物に負担となるため、お勧め出来かねます。
お急ぎの場合でも、しみの内容によりましては困難な場合がありますので、
お早目のお申込みをおすすめいたします。
お預かり出来るお時間が少ない場合は、お時間の限りとなりますが、
通常の仕上がりに近づくよう、努力いたします。


※お見積り内容にご納得頂けない場合、クリーニング、染み抜きをしない場合はご請求はなく、
お着物を返送させていただきます。返送料は、お客様ご負担の着払いとなります。


※万が一、染みが落ちなかった場合は、 染み抜き料金はご請求いたしません。
 
※染み抜きのみでのご注文はお受けしておりません。クリーニングと合わせましてのご注文をお願い致します。

  • 1 着物 染み抜き しみぬき 染色補正 お見積り

    着物 染み抜き しみぬき 染色補正 お見積り

    1円

    着物のしみの状態を確認し、染み抜き料金のお見積りをご連絡します。 新しいしみ、しみの色が生地に定着していない場合は、500円玉大で500円前後。古いしみ、しみの色が生地に定着している場合は、500円玉大で1500〜2000円前後です。 古いしみの料金には、生地...

  • 2 汗抜き(衿・袖口・脇・背)

    汗抜き(衿・袖口・脇・背)

    2,200円

    衿、袖口、左右の脇、背(帯の枕の部分)の新しい汗の染み抜きをします。 汗のしみが黄色くなり変色している場合は、古いしみでのお見積りとなります。 古いしみの染み抜きはこちら→こちら ※汗抜きのみでのご注文はお受けしておりません。クリーニングと合わせま...

  • 3 汗抜き(腰)

    汗抜き(腰)

    1,100円

    腰部分の新しい汗の染み抜きをします。 汗のしみが黄色くなり変色している場合は、古いしみでのお見積りとなります。 古いしみの染み抜きはこちら→こちら ※汗抜きのみでのご注文はお受けしておりません。クリーニングと合わせましてのご利用をお願いいたします。...

  • 4 汗抜き(肘 ひじ)

    汗抜き(肘 ひじ)

    1,100円

    肘(ひじ)部分の新しい汗の染み抜きをします。 汗のしみが黄色くなり変色している場合は、古いしみでのお見積りとなります。 古いしみの染み抜きはこちら→こちら ※汗抜きのみでのご注文はお受けしておりません。クリーニングと合わせましてのご利用をお願いいた...

  • 5 汗抜き(ひざ裏)

    汗抜き(ひざ裏)

    1,100円

    ひざ裏部分の新しい汗の染み抜きをします。 汗のしみが黄色くなり変色している場合は、古いしみでのお見積りとなります。 古いしみの染み抜きはこちら→こちら ※汗抜きのみでのご注文はお受けしておりません。クリーニングと合わせましてのご利用をお願いいたしま...

 

洗匠工房の汗抜き

 

洗匠工房では、染み抜きと同じ方法で、汗ぬきを行います。
汗が見えない場合は、霧を吹くなどして、しみの場所を確認し、汗のすすぎを行います。

染み抜きでは、染みが乾いていて見えない場合に、少しだけ水分を含ませることにより、染みの部分を確認することがあります。
染みのある部分だけが、水を吸収しやすくなっていたり、逆に染みが水をはじいて、水を吸収しないことがあります。

食べこぼしなどの着物の外側から付いた染みは、表地で行いますが、汗は体側からの染みなので、裏地で行います。これで、おおよその汗の位置を調べて、染み抜きをしていきます。

当店では、汗抜きとして一般的に行われる霧吹きで汗を散らすような作業は行っておりません。汗を散らすような作業ですと、はっきりとした形のしみには残りにくいですが
汗の汚れが生地に残り薄く広がっているので、くすみ、ヤケなどの可能性となるためです。
汗の部分ごとに行いますので、ご希望の部分をお申し付けください。


※汗抜きのみでのご注文はお受けしておりません。クリーニングと合わせましてのご注文をお願い致します。
※汗のしみが黄色くなり変色している場合は、古いしみでのお見積りとなります。

———————————————————————————————————————————————
汗抜きと染み抜きの工程の違い
 
・あせの汚れを取る(汗抜きの料金です)

・あせが古く黄色くなっているしみは、しみの色を取る → しみの色を取った部分を元の色柄に直す
(古いしみ、しみの色が生地に定着しているしみ、色の補正が必要な場合は、1箇所1,650〜2,200円の染み抜きとなります)
———————————————————————————————————————————————

ページトップへ